八王子限定 高尾の天狗 純米吟醸 発売

 舞姫が「全量八王子の米」で「八王子市内限定販売」のお酒を仕込み、4月21日から順次出荷をしています。
信濃毎日新聞、長野日報、また多くの酒販業界誌にも掲載され、「街おこし」ということで八王子経済新聞(ネット)にも取り上げられました。いろいろな問い合わせを頂いていますのでご紹介したいと思います。
高尾の天狗は
①原料酒米は、八王子の農家に生産委託した酒造好適米「山田錦」「五百万石」と八王子・高月清流米「キヌヒカリ」を59%まで精白した純米吟醸酒です。
②2200本のみの限定醸造で、八王子市内においてのみ販売されます。
③ラベルの文字「高尾の天狗」は、高尾山薬王院第32世大山隆玄貫首の揮毫によるものです。また天狗のイラスト・団扇は薬王院の了解のもと飾られている実物を使用させて頂きました。
④2200本のラベルは、4月16日大安の日に髙尾山薬王院にて「家内安全」「商売繁盛」「開運」を祈願致しました。<大山貫主自らが開運祈願の祈祷をされました>
⑤商品には1番から2200番まで生産番号を記入致しました。
⑥小売価格は、720ML1,400円(税別)カートン入りは、1,550円(税別)です。
高尾の天狗 商品写真1 髙尾*画像をクリックすると拡大します。

味わいは、旨みと甘味があり、「ドイツワインのアウスレーゼか貴腐ワインのようだ」との声も頂いています。きっと飲んで頂いた方には幸運が舞うのではないでしょうか。

「どこで買えるのか」と問い合わせを頂いていますが、御面倒でも当蔵まで☎かメール✉でお願いします。

 なぜ長野の蔵が八王子の酒を? 蔵主が八王子在住ですので「街おこし」のためにもと、八王子の農家の方に「酒造好適米」の話をしたことが始まりだったとのこと。そして多くの方が趣旨に賛同され、「八王子発の日本酒を作ろう」となり、「高尾の天狗」の登録商標も確保、高尾山薬王院・大山貫主の賛同も頂け発売することが出来ました。恐らくキヌヒカリで仕込んだ酒は他にはないと思います。初めの挑戦でしたが、美味い酒になりました。
 今年も八王子・高月地区において酒造好適米「五百万石」「美山錦」を作付けし、「高尾の天狗」を通年販売の商品にしていきたいと蔵主は言います。
私たち蔵人も更に精進し、素晴らしいお酒を作りたいと思います。

                                信州舞姫 小林 晶子でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR