FC2ブログ

髙尾の天狗・稲刈りイベントレポート

 9月22日(土)「高尾の天狗・純米吟醸」用に八王子・高月地区にて契約栽培している酒造好適米「ひとごこち」の稲刈りイベント「2018年 第三弾 稲刈り編」主催:はちぷろ&YOKYO
<はちぷろとは、2014年より、お酒づくり(髙尾の天狗)を通じて、八王子を盛り上げていこう!と始めたまちおこし企画です> が開催されました。
当蔵からは、西仲、塚本、齊藤、磯崎、吉川が参加しました。
稲刈りに参加された方は190名。運営スタッフ、出展者は60名。計250名で開催。班を4つに分け稲刈りを行いました。
 小雨模様のスタートの中、田んぼに続々参加者が集まります。参加者は家族連れや天狗のファンの方、飲食店、小売店の皆様など様々です。6月に植えた苗も立派な稲穂に成長していてとても感激しました。農家さんによると今年の稲の実はしっかりしているそうで、心白の大きいお米になるのではないかとのことでした。前日からの雨で田んぼがぬかるんでいたこともあり、参加者は靴やズボンを泥だらけにしながらの稲刈りでしたが、普段体験できない経験に参加者一様満足そうでした。小雨模様だった雨も昼には暑いくらいの晴天となりました。
 稲刈りの後は、昼食会場で懇親会です。会場の出展ブースには、髙尾の天狗の米粉や酒粕にわさび漬け。地元八王子産の豚肉や野菜、米などを使った多様な料理が地元の飲食店から出され、さらにJAの移動販売車や今注目集めている、パッションションフルーツのサワーも提供されました。どれも美味しそうで目移りしてしまいました。中にはお客さんが群がりあっという間になくなってしまったのもありました。
 舞姫ブースでは、「髙尾の天狗」「髙尾の天狗ひやおろし」「プリンセスタイムスイート&サワー」「信州舞姫うめ酒」をふるまわせていただきました。一番人気だったのは「髙尾の天狗ひやおろし」で、うまい、うまいと大絶賛でした。盛り上がった懇親会は、惜しまれながら15時頃に終了、ドローンで参加者全員で記念撮影をしました。
 最後に当蔵の西仲とはちぷろの鶴田代表からの挨拶があり、「自然や子供たちのためにもこの文化を引き継いでいこう」「この企画は、来年も再来年も続けていく」と発言がありました。
 今後もこの活動が広まっていき、沢山の人に髙尾の天狗を飲んでもらえるようにがんばっていきたいと思いました。 
以上、吉川からのレポートでした。
42570315_470092403485278_1209437299922698240_n.jpgDSC_0208.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR