FC2ブログ

八王子限定 高尾の天狗 純米吟醸 発売

 舞姫が「全量八王子の米」で「八王子市内限定販売」のお酒を仕込み、4月21日から順次出荷をしています。
信濃毎日新聞、長野日報、また多くの酒販業界誌にも掲載され、「街おこし」ということで八王子経済新聞(ネット)にも取り上げられました。いろいろな問い合わせを頂いていますのでご紹介したいと思います。
高尾の天狗は
①原料酒米は、八王子の農家に生産委託した酒造好適米「山田錦」「五百万石」と八王子・高月清流米「キヌヒカリ」を59%まで精白した純米吟醸酒です。
②2200本のみの限定醸造で、八王子市内においてのみ販売されます。
③ラベルの文字「高尾の天狗」は、高尾山薬王院第32世大山隆玄貫首の揮毫によるものです。また天狗のイラスト・団扇は薬王院の了解のもと飾られている実物を使用させて頂きました。
④2200本のラベルは、4月16日大安の日に髙尾山薬王院にて「家内安全」「商売繁盛」「開運」を祈願致しました。<大山貫主自らが開運祈願の祈祷をされました>
⑤商品には1番から2200番まで生産番号を記入致しました。
⑥小売価格は、720ML1,400円(税別)カートン入りは、1,550円(税別)です。
高尾の天狗 商品写真1 髙尾*画像をクリックすると拡大します。

味わいは、旨みと甘味があり、「ドイツワインのアウスレーゼか貴腐ワインのようだ」との声も頂いています。きっと飲んで頂いた方には幸運が舞うのではないでしょうか。

「どこで買えるのか」と問い合わせを頂いていますが、御面倒でも当蔵まで☎かメール✉でお願いします。

 なぜ長野の蔵が八王子の酒を? 蔵主が八王子在住ですので「街おこし」のためにもと、八王子の農家の方に「酒造好適米」の話をしたことが始まりだったとのこと。そして多くの方が趣旨に賛同され、「八王子発の日本酒を作ろう」となり、「高尾の天狗」の登録商標も確保、高尾山薬王院・大山貫主の賛同も頂け発売することが出来ました。恐らくキヌヒカリで仕込んだ酒は他にはないと思います。初めの挑戦でしたが、美味い酒になりました。
 今年も八王子・高月地区において酒造好適米「五百万石」「美山錦」を作付けし、「高尾の天狗」を通年販売の商品にしていきたいと蔵主は言います。
私たち蔵人も更に精進し、素晴らしいお酒を作りたいと思います。

                                信州舞姫 小林 晶子でした。
スポンサーサイト

翠露から 純米大吟醸・中汲み生酒 雄町 磨き49%、 美山錦 超辛口 寒仕込み 吟醸酒 新発売です

 今週は雨続きでどんよりした気分でしたが、週末にかけ天気も良くなり、暖かくなってきました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか??上諏訪では桜が7分咲きになり、今週末くらいが見頃になるのではないでしょうか。お酒を片手にお花見をしてみては(^o^)♪
また舞姫では月曜で今期仕込んだ全てのお酒の上槽が終了しました。あとは片付けを残すのみ・・・もうひと踏ん張りです‼‼‼

 さて紹介が遅れてしましましたが、現在発売中の翠露2アイテムを紹介します。
雄町 超辛*写真をクリックすると拡大します。

写真左側
【翠露 純米大吟醸 雄町 中汲生酒 磨き49】
日本酒度:±0     アルコール:16度
小売価格:1.8L    3,400円(税別)
       720ml   1,700円(税別)

 これは「翠露 純米吟醸 中汲 備前雄町」にかわる商品になります。
価格は以前と変わりません。
やさしい甘み、上品で爽やかな落ち着いた香りが特徴です。
雄町米を丁寧に長期低温発酵で醸し、女性でも飲みやすいお酒になっています。



写真右側
【翠露 美山錦  超辛口 寒仕込み 吟醸酒  】
日本酒度:+8    アルコール:15度
小売価格:1.8L     2,100円(税別)
       720ml    1,100円(税別)
 
 全量、長野県産美山錦を使用しました。
これは先月地元諏訪の新聞などで紹介していただいた商品です。
ほのかな吟醸香にキレのある味わいが光る辛口のお酒になっています。
燗酒にもおすすめです。


*翠露 純米大吟醸 山田錦 磨き39(鑑評会出品酒)を3月発売とご案内しておりましたが、ラベル作成に時間がかかり4月になってしまいました。
心よりお詫び申し上げます。

                        信州舞姫 小林晶子でした。

[甑倒し開催」[蔵人紹介編 五味さん・篠原さん]

 3月26日 舞姫では、甑倒しが行われました。
 (甑倒し:米を蒸すための甑を倒す:所謂お酒の仕込みが終わりましたということです。
 そして蔵人の御苦労を皆で労うための御苦労さん会と言えるでしょうか)
今日の主役は11月から仕込みを行ってきた蔵人、五味さんと篠原さんですが、皆できき酒を行ったり、今季の酒造りの反省、来季に向けての目標などを一人ずつ発表したり、11月からの酒造りを振り返りながらの飲み会でした。二次会はカラオケで盛り上がりました♪

今年も頑張って頂いた、蔵人2人を紹介します。
<五味一彦 50歳>
舞姫で28年前から蔵人として働いています。趣味はドライブ、映画鑑賞、読書。好きな食べ物は煮物、キュウリ。酒造り以外の時期は農家をしていてキャベツ、ほうれん草を作っているそうです。自分の性格は神経質でおおざっぱということです。
カラオケ十八番はTHE虎舞竜「ロード」プロ並みとの評判です。
今季酒造りで苦労したことは米の給水歩合と醪の温度管理です、どちらも生き物なので天候、気温に左右されすぎた、来季目標ですが、もちろん自分自身が納得できるお酒を造るですが、まずは麹造りを納得できるものを造りたいとのこと。

<篠原佐斗次 50歳>
舞姫で29年前から蔵人として働いています。趣味は旅行。好きな食べ物はサザエのつぼ焼き。酒造り以外の時期は五味さんと同じく農家をしていてセロリを作っているそうです。自分の性格はマイペースのB型ということです。
カラオケはスターダストレビューなら何でもOk、甑たおしの二次会でも披露され絶賛されました。また小田和正はもっとうまいとのこと。
今季酒造りで苦労したことは仕込みの流れ、タンクに対する醪の容量などタンクの兼ね合いが大変だった。来季は仕込み計画がもっとしっかり立てられると良い。良い酒を造ることが責務とのことです。

五味さん  篠原さん
左が五味さん、右が篠原さんです。

 二人は原村出身、原村育ちで、近所同士で保育園から高校までずっと一緒だそうで、とても仲良しです♪
五味さんも篠原さんも30年近く舞姫で働いているので仕事が早く正確で本当に尊敬します。頼れる大先輩です‼‼そしてカラオケもとても上手です。浅沢課長の時も言いましたが、やはり歌の上手い人は酒造りも上手なのかもしれませんね^^

11月から仕込みに来てくださった蔵人の2人に感謝です。また秋にお会いできるのを楽しみにしています。
                          信州舞姫 小林晶子 でした。
プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR