FC2ブログ

麹造り

 先週から当蔵では造りが始まりました。
そこで今回は麹造り(製麹)について紹介したいと思います。
 米を洗い、浸漬、水切り後、甑(こしき)で米を蒸し麹室に運び冷却します。(引き込み)
※米を洗うとき、浸漬するときは時間を細かく計り、この細かい時間が麹造りにはとても重要!!
麹造り
↑冷却中

冷めたら蒸米に麹菌をまきます。
麹造り②
そして全体になじむようによく混ぜ、しばらく置きます。

数時間後、下のようにもう一度よく混ぜ(床もみ)半日置きます。
麹造り③
その後切り替えし、盛りを行い、翌日出麹です。
※ここでは温度、湿度の管理が重要になってきます。
こうしてできたのが米麹です。
皆さんもお米も炊くことがあると思いますが、透き通っていますよね。
これに麹菌が生育すると写真のように白くなります。
麹造り④

麹はその後、仕込みまで枯らします。
麹造り⑤
*写真をクリックすると拡大されます。

麹造りはこのように行います。
これから仕込みが進んでいくのでまた作業の様子を紹介していく予定ですのでお楽しみに。
 
 蔵人、社員一同良いお酒を造れるよう頑張ります。
                                       
                              信州舞姫 小林晶子でした。
スポンサーサイト

長野酒メッセが開催されました

 10月16日(木)にメトロポリタン長野にて「2014長野の酒メッセ」が開催されました。

参加蔵数68蔵、来場者数は約2000人だったそうです。たくさんのご来場本当にありがとうございました。
 私は今回初めての参加で、長野県の蔵が多いのは知っていましたが、実際並んでみると蔵の多さに圧巻され、またこれでも県の全蔵ではないと聞き更に驚きました。こんなに多くの、素敵な蔵がある長野県はとても誇らしいなと感じました。

 会場ではいろんな年齢層のお客様が来場されて、それぞれの蔵の味を楽しんでいました。お客様からも意見が聞けたり、こちらも勉強になる部分が多くありました。

また今回当蔵では
*翠露備前雄町純米吟醸中汲
*翠露美山錦純米吟醸中汲
*信州舞姫からくち芳醇静
*信州舞姫山田錦純米酒
*翠露青の梅酒
の5種類のお酒を試飲として出させていただきました。
信州舞姫からくち芳醇静720ml、翠露青の梅酒720mlのみ販売を行いましたが、翠露青の梅酒はすぐに売り切れてしまうほど人気でした。
試飲では青の梅酒はもちろん翠露雄町純米吟醸、翠露美山純米吟醸もとても好評で、多くのお客様からどこで購入できるのかという質問をいただきました。

 16時には長野県小売酒販組合連合会青年協議会宮島会長、17時にはミス日本酒長野の方々の発声で会場全体での乾杯も行われ、17時過ぎからは仕事終わりの方などで更に会場は賑わっていました。

↓イベントの様子をいくつか紹介します。
酒メッセ3
酒メッセ2
当蔵の試飲コーナーです。

酒メッセ4
酒メッセ
会場の様子です。
*写真をクリックすると拡大されます
 
 14:00~19:30の間で68蔵ものお酒を味わうことができる素敵なイベントでした。
次回は来年東京での長野酒メッセでお会いしましょう!!
                         
                          信州舞姫 小林晶子でした。

「翠露 秋あがり 純米酒」 発売中

 10月より発売中の「翠露 秋あがり 純米酒」
この商品は熟れた果実様の成熟した香り、濃厚な味わいの中に、ほのかな甘味を感じます。
秋の味覚に合うお酒で、サンマの塩焼きやキノコ料理と一緒にお楽しみいただければと思っています。
夏を越し、秋まで貯蔵され、程よく熟成された酒です。

*小売希望価格(税別) 1350円
※県内のみの発売となっています。



翠露 秋あがり720ml

「芳醇静からくち」の720ml 300mlの新発売のお知らせ

 舞姫ブランドの中で味わいがあって旨口、穏やかな香りで切れの良いからくち、
呑み飽きしないお酒が「芳醇静(しずか)からくち」です。

コストパフォーマンスも抜群。冷やでも燗でも美味しい優れものです。
日本酒度は+9で大辛口と思われますが、
旨みとのバランスが実に良いとの評価をいただいています。
*料理との相性:
  赤身の刺身、煮物、おでん等和食全般(特にお醤油系がお勧め)によく合います。
*美味しい飲み方
  お燗◎ 冷や○ 常温○

 多くのお客様から「静の小瓶がないか」とのご要望もありましたが
ようやく720ml、300mlの誕生です。

*発売日 10月16日(水)
*希望小売価格(税別) 720ml 870円(カートン入り1,000円)
                300ml 390円
                     
                                       *1.8L(既存商品) 1,750円

静720ml  静300ml

2014 長野酒メッセ

 10月16日(金)ホテルメトロポリタン長野にて長野酒メッセが開催されます。
信州清酒の最大の祭典であり、今年で20回目を迎えるそうです。
蔵元自慢の銘醸酒600点以上が集まる試飲会です。

 当蔵からは
*翠露備前雄町純米吟醸中汲
*翠露美山錦純米吟醸中汲
*信州舞姫からくち芳醇静
*信州舞姫山田錦純米酒
*翠露青の梅酒

を出す予定です。
また信州舞姫からくち芳醇静720ml、翠露青の梅酒720mlについては数量限定で販売も行います。

 今回は20回目ということで20歳の方は入場無料です(年齢が証明できるものを持参)。
 当日は特別セミナー講演会「燗酒のおいしさ再発見」が2F‘千曲の間’にて13:00~14:00に開催され(先着80名様)、
試飲会については3F‘浅間の間’にて14:00~19:30(受付開始13:30/受付終了18:30)の間で開催されます。

*入場料はおひとり様2000円(税込)になります。

詳細は本イベント主催「長野県酒造組合」様ホームページからどうぞ
http://www.nagano-sake.or.jp/topics/
長野酒メッセ2014


 では当日長野酒メッセの会場でお会いしましょう。
                                       信州舞姫 小林晶子でした。

秋の呑みあるきが開催されました

 10月4日(土)「上諏訪街道秋の呑みあるき」が開催され、事故もなく無事終了することができました。
また参加人数は3200人だったということで、たくさんのご来場本当にありがとうございました。
 当蔵では、5種類のお酒を用意しましたが、途中「信州舞姫芳醇静PREMIUM」、
「翠露純米吟醸備前雄町」については早くに品切れしてしまいました。
またギャラリー舞姫でも静PREMIUMが品切れしてしまい、大変申し訳ありませんでした。


呑みあるきの様子はこんな感じでした。

呑みあるき201401   呑みあるき201402
↑当蔵の前はこのように賑わっていました。


呑みあるき201403 呑みあるき201404  呑みあるき201405
↑順番に並んでお酒を試飲。
*写真をクリックすると拡大されます。
 
 これから酒造りも始まり、株式会社舞姫としての新しいお酒も出てくるので、春の呑みあるきでは新酒を味わっていただけると思います。
「春の呑みあるき」も多くの方のご来場お待ちしております。

 次回当蔵参加のイベントは10月16日「2014長野の酒メッセ」になりますのでまたお会いしましょう。

                                  信州舞姫 小林晶子でした。

上諏訪街道 秋の呑みあるきのお知らせ

 皆さん!今日は「日本酒の日」です。ご存知ですか??
これは昭和53年に日本酒造中央会が制定したものです。昭和39酒造年度まで、酒造年度は’’10月1日から’’と定められていました。蔵元では’’酒造元旦’’として祝っていました。この経緯から10月1日が「日本酒の日」に制定されたそうです。
 
 さて10月4日(土)はいよいよ上諏訪街道「秋の呑みあるき」が開催されます。
五蔵それぞれのお酒を味わいながらまち歩きをし、楽しむイベントです。
屋台等も出店し、とても賑わいます。
五蔵が街道沿いに並んでいるからこそできる素敵なイベントです。
時間は13:00~18:00
参加費は2000円で特製 呑め桝付きです。
当蔵からは
*翠露 純米吟醸中汲 備前雄町
*翠露 純米吟醸中汲 美山錦
*信州舞姫 純米酒 山田錦
*芳醇静 プレミアム(大吟醸ブレンド)
*リキュール(梅、杏)

を出品致します。

 たくさんのご来場お待ちしております。皆様お楽しみに。

詳しくは下記の呑みあるきHPまでどうぞ
http://nomiaruki.com/breweryhopping/

nomiaruki_2014aki.jpg

                                  信州舞姫 小林晶子でした。
プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR