契約栽培の好適米順調に育っています

 舞姫では、本年も
長野県では麻績村、安曇野、池田町で、東京都では、八王子で「酒造米の契約栽培」をおこなっております。
前にもお知らせしましたように、5月6月に田植えイベントを行いましたが、秋には「稲刈りイベント」も考えています。

麻績村の農家久保田さんと八王子の農家石川さんから、稲の生育情報が届きました。

麻績村 契約栽培①←契約栽培田んぼの様子(麻績村)

麻績村 契約栽培②←稲の花です。(麻績村)

八王子 契約農園①←契約栽培田んぼの様子(八王子)

八王子 契約農園②←契約栽培稲の様子(八王子)


 大変順調とのことです。
今回も契約農家様、イベント等関わってくださった皆様のおかげで良い酒造好適米ができそうです。ありがとうございます。来期の造りも今からとても楽しみです。

                             信州舞姫まいこでした。
スポンサーサイト

新潟の蔵元に研修に行って参りました

 7月22日(金)、23日(土)に舞姫製造課で新潟研修へ行ってきました。
阿賀野市の越後桜酒造様、加茂市の雪椿酒造様の2蔵にて酒蔵見学、勉強会、試飲、繁盛店視察をさせていただきました。
 越後桜酒造様は、外からのイメージとは全く違い合理化が進んでいて、サーマルタンクでしっかり管理されていていました。各所に当蔵にはない初めて見る機械が多く蔵の規模の大きさを実感しました。
越後桜酒造様 甑1 越後桜酒造様 麹室

 また雪椿酒造様は蔵の大きさは当蔵と変わらないくらいでしたが、中は麹室、仕込みタンク等の設備がしっかりしていて、手造り蔵ではありますが、随所に工夫がされていました。雪椿酵母仕込みも素晴らしかったです。
雪椿酒造様 外観1
 
まったく違う2つの蔵、詰め工程の見学をさせていただき、それぞれから学ぶことがたくさんありました。
今後、研修で学んだことを活かしていければと思いました。

 今回お世話になりました越後桜酒造様、雪椿酒造様ありがとうございました。

                            信州舞姫 まいこでした。

諏訪湖祭湖上花火大会のお知らせ

 7月も中旬に入り諏訪にも、いよいよ夏がきました。
皆様熱中症には気をつけてくださいね!!

 さて諏訪の夏は、何といっても花火。
サマーナイトファイヤーフェステバルの開催です。
上諏訪温泉(諏訪湖)では7月24日(日)〜8月31日(水)まで
毎日、毎晩、花火が上がるんです。
時間は、20:30分から約15分ですが、混雑なく湖畔の芝生からゆっくりと、
「信州舞姫・吟醸」「まいこの純米」を味わいながらの花火見物は、最高です。
夜風の中で、音楽に合わせた華麗な花火をお楽しみ下さい。
(結構涼しくなりますので薄い上着の用意をお勧めします)

 本番は、8月15日の大花火大会は約4万発が湖上で花開きます。とにかく凄いの一言。
雨天決行で19時スタート、詳しくは花火大会HPより
また、9月3日は、全国新作花火競技大会が開催されます。この花火大会も必見。
信州舞姫・翠露の「秋上がり」を楽しみながらの花火見物、格別ですよ。

                                   信州舞姫 まいこ でした。

平成27酒造年度全国新酒鑑評会公開利き酒会に出席

 
  『平成27酒造年度全国新酒鑑評会』の金賞酒、入賞酒の利き酒会が6月18日、池袋サンシャインシティ展示場4階で開催されました。
第一部は10:00~13:00、第二部は15:30~19:00でしたが、一部、二部とも大変な混み様で、入場制限が行われていました。中でも特に興味のあった当蔵同様「純米酒での金賞蔵」の11蔵はしっかりと、その他金賞蔵を中心に約200蔵のお酒を見ることができました。
 入賞率全国一位の福島県などがある仙台局の酒は、どこも綺麗な酒でした。(約1時間待ち)
東海地方や中部地方の酒は、香りが特徴的で個性があり興味深くみて参りました。
舞姫が所属する関信局では、新潟の蔵はすっきりとした酒、長野は蔵それぞれ個性があったように感じました。
県単位で香りや味等統一感があったり、個々の蔵の個性を出したりでとても勉強になった一日でした。
会場内は開始前から大行列が出来ていて、業界関係者というより圧倒的に一般のお客様の方の方が多く利き酒会にいらっしゃっていたので驚きました。特に若い人や女性の方が多いことは嬉しいことです。
利き酒会と同じ会場で「全国日本酒フェア」をやっていて各県の酒造組合の方が県の厳選した酒を持ってきてブースにて販売や試飲を行っていましたので、人気ブランドと言われる銘柄を中心に見て参りました。
 利き酒会の帰りに東京の酒販店の社長様とお話しする機会がありました。ものすごいパワーのある社長様で、いろいろなアドバイスや意見を言っていただきました。
「杜氏の名前に恥じない酒造りをするため、もっと勉強しなければならない」と決意を新たにして帰って参りました。
以上、参加した杜氏 磯崎からのレポーㇳでした。

                               信州舞姫 まいこでした。
                                    

「髙尾の天狗」の酒造米「五百万石」、「美山錦」の田植えイベント開催

 6月11日(土)、13日(月)の二日に分けて、八王子高月町にて「髙尾の天狗」用の酒造好適米「五百万石」、「美山錦」の田植えが行なわれました。
「髙尾の天狗」の田植えは三年目ですが、今年はより一層地域に密着という想いで、主に地元の酒販店の河内屋様が中心となり、Hachi-Project(はちぷろ)と題し、「地酒で町おこし」、「八王子を食から盛り上げよう」と河内屋様、農家さん、蔵元舞姫で企画されたものです。当日は「髙尾の天狗」を販売して頂いている酒販店様や、取扱の飲食店様、販売店様、市民、子供などに参加いただき、何と二日間で150名以上の参加です。
結果11日(土)100名、13日(月)65名に分けての実施となりました。

 11日(土)は、9時に八王子駅前の郵便局前に集合、3台のマイクロバスで現地へ向かいました。
私は、3号車のため現地に着いたのは9時40分頃になりましたが、既に第一陣は田圃の中に入り、農家の方に指導を受けながら田植えに挑戦中でした。
 家族連れの方も多く、大変な賑わいです。第一陣でまだ余力のある方は次の田圃へ、きっと今日は腰が痛いと言われているのではないでしょうか?
初めての方が大半でしたが「いい米が収穫できるように」と念じながら、田植えを行って頂きました。
その後は近くの「会館」で「地元産のお米と野菜のお弁当」と、「舞姫のお酒を楽しむ時間」です。
1.8L瓶で12本を用意しましたが、ほぼ飲み尽くして頂きました。
13時半に閉会の予定でしたが、気が付いたら14時を回っており会場には疲れと酔いからお休みなっておられる方もチラホラと。
出来るだけ多くの方に「髙尾の天狗」、「舞姫」、を解ってもらおうと、お酒を説明し注いで回らせて頂きましたが、全員の方に挨拶できずに失礼してしまいました。
b 101_xlarge 155_xlarge.jpg 1465733881937.jpg


 13日(月)は、生憎の大雨でしたが、それでも目的の一つである「皆の交流の場」、「農家を知ってもらう」ために、田圃を歩いて見学し、農家さんの説明を聞き、その後「交流の会」を実施しました。
1465859365860.jpg 256_xlarge.jpg 207_xlarge.jpg

 9月には稲刈りイベントを計画しておりますので、是非また皆さんにお会いしたいと思います。秋には「秋上がり」「ひやおろし」です。お楽しみに。 
参加した塚本からのレポートでした。

                             信州舞姫 まいこでした。
プロフィール

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR