FC2ブログ

甘酒には、驚異のパワーがあります

12月11日TV番組「林修の今でしょ」で<米麹甘酒VS酒かす甘酒>が放映されました。
舞姫message47でも紹介しましたが、改めて驚異の甘酒パワー、酒かすパワーを紹介させて頂きます。(舞姫ショップでも、美山錦 純米吟醸 新酒粕の発売を開始しました)

*「酒かす甘酒」は、肌にいいコラーゲンの減少を抑えるという研究結果が今年発表され、酒かす甘酒を飲んでいる人の検証結果として、肌年齢を紹介、80歳の人が66歳と14歳も若いとのことです。肌荒れ、乾燥肌防止にも効果があり、一週間飲み続ければコラーゲン量が増え、その後1か月も持続する。飲むのは夜がいいと紹介されました。
また、酒かすにはレジスタントプロテインが多く含まれ、肥満防止になるとのこと。
レジスタントプロテインは、脂肪分を吸収せずに対外に出すので、油料理には一緒に飲むといい。さらにパワーアップするには、すった生姜を入れて飲むといいとのことです。
*「米麹甘酒」には、殺菌効果があり、かぜ、インフルエンザの予防が期待され、ペプチドにより高血圧の予防になると紹介されています。 
ただ糖質がありますので、1日200ml~300mlが適量、その人の効果期待でどちらを飲むか。ですね。いずれにしても、酒かすは、最高の健康食品と云えるでしょう。
<舞姫message47抜粋>
酒粕は、発酵の過程で働く酵母菌が旨味成分であるアミノ酸を爆発的に増やし、その数は米583倍にもなり、ヒトが体内で生成できず、食物でしか摂取できない必須アミノ酸の9種類がすべて含まれています。たんぱく質・ビタミンB1・B2・B5・B6・葉酸・植物繊維等の栄養素が含まれ、これらから、糖尿病、肥満、癌、アレルギー、高血圧、脳梗塞、動脈硬化、骨粗しょう症、美肌効果等々の予防改善効能が期待されるとのこと
スポンサーサイト

自費出版ミニ雑誌「のみ歩く。」に舞姫が紹介されました。

のみ歩く。<酒蔵めぐり 酒屋で立ち呑み>という雑誌はご存知ですか。
ある日、突然若い二人が蔵に来られました。
話を聞きますと、「日本酒が好きで、こだわりの蔵を訪ね、紹介するための雑誌を自費出版している。ついては、舞姫に興味があって、取材したい。自分の趣味でやっていることなので、取材費、宣伝費他必要ない。蔵を見学させてもらい、話を聞きたい」とのこと。
 真面目そうな二人で、「あるところで舞姫の試飲をして、興味をもった」と言われます。
今度の発行で第3号になるそうですが、いろんな方に日本酒を知ってもらうためには、願ってもないことで蔵元にとっては歓迎することですので、数時間の取材をうけました。
 そして完成した、「のみ歩く。関東編NO3 信州出張編 」舞姫の他隣の麗人酒造も紹介されています。「どこで販売してますか」と聞きましたら、このような雑誌を中心に販売している書店があるのだそうです。
 舞姫ギャラリーに来られた際には是非ご覧ください。
DSC_0295.jpg

第89回 関東信越国税局酒類鑑評会にて優秀賞をいただきました

 11月7日「第89回 関東信越国税局酒類鑑評会」において優秀賞を受賞しました。

昨年に続いての連続受賞となります。ご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

対象商品は、下記の通りです。

なお、ギャラリー舞姫(ショップ)「ホームページ見たよ。おめでとう」と一声かけていただいた方に

は無料試飲していただきますのでお気軽に声をかけてください。(期間11月8日~11月末)

              記



1、 商品名   :  信州舞姫 純米大吟醸 桜楓(おうふう)山田錦 磨き39

            袋搾り中取り原酒(桐箱入り)

2、 原料米   :   兵庫県産 山田錦  

3、 精米歩合  :  39%、

4、 アルコール :  16度

5、 日本酒度  :  -3

6、 容量・価格  :  720ml(桐箱入り) 

          小売希望価格4,500円(税別)(カートン無:4,000円・税別)

<襷(タスキ)にて優秀賞受賞酒の表示を行います>

<長野酒メッセが開催されました>

10月18日(木)長野の酒メッセ、本年も盛況に開催、泥酔者もなく?終了しました。
1部(業界関係者)は13:00から15:30、2部(一般消費者)は、16:30~19:30ですが、どちらも盛況、特に2部は歩く隙間がないほどに混雑、合せて1,500名余の来場でした。
 阿部県知事も来場し挨拶、その後各蔵一押しの商品をみて回られ、長野清酒の発展に対する意気込みが感じられます。またミス日本酒(長野県代表)(全国準ミス)の児玉アメリア彩さんも応援にこられ「私は海外の生活もあったため、アメリアの名前も使ってますが、生粋の長野県人で諏訪の生まれですので、諏訪の蔵には何度も行きました」と挨拶、その後各蔵を回り記念撮影、素晴らしい長野清酒大使が誕生しています。(写真)
 舞姫からは、7種類の日本酒と舞姫の梅酒、あんず酒を振る舞いましたが、大人気は、
翠露純吟オール長野、プリンセスタイムスイート&サワ―と舞姫・梅酒、あんず酒。
「どこで買えますか」と問合せに嬉しい悲鳴でした。
 長時間、立ちっぱなしでしたので、足はパンパン、高齢者には応えましたが、販売場所に並べた、プリンセスタイムスイート&サワ―12本は完売しましたとの連絡で疲れも和らぎ、営業課長の宮坂と帰路につきました。
                                            塚本からの報告でした。                                                         DSC_0445.jpg

髙尾の天狗・稲刈りイベントレポート

 9月22日(土)「高尾の天狗・純米吟醸」用に八王子・高月地区にて契約栽培している酒造好適米「ひとごこち」の稲刈りイベント「2018年 第三弾 稲刈り編」主催:はちぷろ&YOKYO
<はちぷろとは、2014年より、お酒づくり(髙尾の天狗)を通じて、八王子を盛り上げていこう!と始めたまちおこし企画です> が開催されました。
当蔵からは、西仲、塚本、齊藤、磯崎、吉川が参加しました。
稲刈りに参加された方は190名。運営スタッフ、出展者は60名。計250名で開催。班を4つに分け稲刈りを行いました。
 小雨模様のスタートの中、田んぼに続々参加者が集まります。参加者は家族連れや天狗のファンの方、飲食店、小売店の皆様など様々です。6月に植えた苗も立派な稲穂に成長していてとても感激しました。農家さんによると今年の稲の実はしっかりしているそうで、心白の大きいお米になるのではないかとのことでした。前日からの雨で田んぼがぬかるんでいたこともあり、参加者は靴やズボンを泥だらけにしながらの稲刈りでしたが、普段体験できない経験に参加者一様満足そうでした。小雨模様だった雨も昼には暑いくらいの晴天となりました。
 稲刈りの後は、昼食会場で懇親会です。会場の出展ブースには、髙尾の天狗の米粉や酒粕にわさび漬け。地元八王子産の豚肉や野菜、米などを使った多様な料理が地元の飲食店から出され、さらにJAの移動販売車や今注目集めている、パッションションフルーツのサワーも提供されました。どれも美味しそうで目移りしてしまいました。中にはお客さんが群がりあっという間になくなってしまったのもありました。
 舞姫ブースでは、「髙尾の天狗」「髙尾の天狗ひやおろし」「プリンセスタイムスイート&サワー」「信州舞姫うめ酒」をふるまわせていただきました。一番人気だったのは「髙尾の天狗ひやおろし」で、うまい、うまいと大絶賛でした。盛り上がった懇親会は、惜しまれながら15時頃に終了、ドローンで参加者全員で記念撮影をしました。
 最後に当蔵の西仲とはちぷろの鶴田代表からの挨拶があり、「自然や子供たちのためにもこの文化を引き継いでいこう」「この企画は、来年も再来年も続けていく」と発言がありました。
 今後もこの活動が広まっていき、沢山の人に髙尾の天狗を飲んでもらえるようにがんばっていきたいと思いました。 
以上、吉川からのレポートでした。
42570315_470092403485278_1209437299922698240_n.jpgDSC_0208.jpg

プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR