<髙尾の天狗 田植えイベント 八王子高月地区において 開催>

6月9日(土)、当日朝まで降り続いた雨もあがり、絶好の田植え日和の中、八王子まちおこしプロジェクト「はちぷろ」主催の「髙尾の天狗 田植えイベント」が開催されました。
250名の大イベントのため、グループを4班に分け、4か所での実施です。(スタッフを含め昨年に比べ約70名増の290名)
また今回は家族同伴の方も多く、まるで小学校の行事のような感じで久しぶりに「いいお父さん」になっていた方もおられたようです。石川研さん(契約農家の方)の飼っているヤギさんとの触れ合いも喜んでもらえました。
懇親会会場の設営は、ボランティアの方の参加もあり朝7時開始、八王子の飲食店様が出店され、八王子産の玉ねぎを使用した「八王子ラーメン」、「鮭のチーズチャンチャン焼き」、髙尾の天狗の米粉をつかった「ビザ」、「串団子」、「水餃子」、天狗酒粕使用の「わさび漬け」、八王子名産のパッションフルーツのかき氷、おはぎ等々が用意されました。
 協賛頂いたアーバン様、開拓使様、インターシステム様、タムラ食品様、パンカツ協会様、八王子サイバーシルクロード様、東京八王子トレインズ様~プロバスケットチーム~
本当にありがとうございました。トレインズさんからは、B3リーグからB2リーグに昇格したことを記念してつくった真っ赤なTシャツが、子供たちにプレゼント。これもいい記念になることでしょう。
 30度を超える暑さでしたので、日本酒は飲んでもらえないかな?と心配しましたが、何と何と、「髙尾の天狗」は足りなくなってしまいました。甘酸っぱいお酒「プリンセスタイム」も大人気、「グレープフルーツのようなお酒だね」と何杯も追加される方も居られました。梅酒ロックも大好評で、「香りがいい、青梅の味が最高」と過分なお褒めの言葉を頂きました。
 今年は、酒造好適米「ひとごこち」だけを植えましたが、皆さんの想いのこもった、しっかりとした、いいお米ができることでしょう。
次は、7月7日(土)にボランティアスタッフを募集しての「草取り」イベント。
その次のイベントは9月22日(土)開催予定の「稲刈り」です。詳細決まりましたら、
ご案内致しますので、奮って参加のほど宜しくお願い致します。
高尾田植え2018① 高尾田植え2018② 高尾田植え2018③
スポンサーサイト

麻績村・築北村で田植えが行われました

 舞姫では、かねてより「顔の見える米作り」(美山錦)の契約栽培米の推進に取り組んでいます。
その美山錦は、「扇ラベル純米吟醸はぜかけ米仕込み55」の裏ラベルに
麻績村OMIMOグループ代表久保田芳永さん
築北村雑穀ファーム代表坂井清香さんと記載、
「翠露オール長野純米吟醸55」には田中学さんと記載しており
 今後もさらに「顔の見える米作り」推進して参ります。
また、田植え、稲刈りについても可能な限り、蔵人も一緒に実施していますが
5月11日は麻績村で15日は築北村で田植えが行われましたので、宮坂課長のレポートで紹介致します。
*稲刈りは、50名限定でイベントを開催する予定です。詳細近々お知らせ致します。

<5月11日 麻績村田植え>
天候にも恵まれ、良い田植え日和に。
豊穣祈願の神事を行い、豊作を祈ります。
ほとんどは機械で植えますが一部のみ手植えです。
秋には良いお米がたくさん採れるように祈りながら、丁寧に手植えをします。
ご参加していただいた皆さまお疲れ様でした。ありがとうございました。
麻績村田植え2018➀ 麻績村田植え2018②

<5月15日 筑北村田植え>
本日も良いお天気と言うか暑いくらいの陽気。
現地についた時にはたんぼ1枚目の半分くらい植え終わっていた。
その後、機械も快調で、たんぼ2枚を半日で植え終わる。
自分は、苗運び、田植え機の轍跡のならし、苗箱洗いと大活躍。
皆さんお疲れ様でした。
筑北村田植え2018
 以上、参加した宮坂からのレポートでした。

山形村田植え

東筑摩郡山形村にて、米契約農家のひとつである増澤さんの協力の元、美山錦の田植えを行いました。
増澤さんの会社の社員さんで、たんぼ担当者の小野百恵さんを中心に子供も含め15名が参加。
ほとんどの方が田植え初心者で、泥に足を取られながら悪戦苦闘の田植えです。
ただ子供は長靴が田んぼに飲み込まれてもそんな事はお構いなしで、
そのまま長靴を脱いで田植えというか、カエル獲りに夢中。
こんな風景も最近は見れなくなりましたね・・・。昔を思い出しました。

山形村田植え58ブログ

2018日本の酒メッセ

 4月18日、御茶ノ水の山之上ホテルで「2018日本の酒メッセ」が開催されました。
この酒メッセは、酒類業、飲食業、報道関係と、日本酒のプロの方も見える、ある意味では怖い試飲会でもあります。
いろいろなご意見を頂戴しようと、営業課長の宮坂、製造の小林、私、磯崎がブースに立たせてもらいました。
 参加蔵元は、43蔵。みな素晴らしい蔵元で、時間があればいろいろな蔵の味をみたいと思っていましたが、多くの方がみえ、ブースを離れることができず、殆ど他の蔵の味をみれませんでした。
 舞姫からは、今年の一押し商品、プリンセスタイム、プリンセスタイムスィート&サワー、扇金魚ラベル夏吟醸、扇金魚ラベル夏純米吟醸山田錦、翠露オール長野、翠露純米大吟醸中汲み生酒磨き49雄町、翠露純米大吟醸山田錦磨き39原酒、髙尾の天狗を試飲として出させていただきました。

 朝から雨が降っており、不安でしたが、たくさんの方が受付開始前から来場して、当初13:30分開始が15分早まり13:15分入場となり始まりました。
 天気もどんどん良くなり気が付いたら晴天となっており、お客様の数もたくさん部屋がいっぱいになるほどの盛況でした。開始から終わりまで人が途切れることなく終始お客様と話をしていてあっという間に時間が過ぎて終了となりました。
 たくさんの方にブースに立ち寄って頂き、また試飲をしていただき有難うございました。
たくさんの貴重な意見を頂き、「味が良くなっているね」などの感想もじかに聞けてとてもうれしく思います。
この声を励みに来季の酒造りも更なる高みを目指して取り組んで参ります。

日本の酒メッセ2018② 

以上、参加した磯崎からのレポートでした。

上諏訪街道 春の呑みあるき2018

 3月23日(金)、24日(土)に春の呑みあるきイベントが開催されました。
初の2日間開催でしたが、2日とも快晴のもと大盛況に終了しました。
1日目は平日の為、お客様の数も丁度よく、皆様ゆったりできたのではと思います。
2日目は相変わらず、前売り券も早くに完売となってしまい、朝から当日券に並んでくださった方がたくさんいらっしゃいました。また年々若い女性の参加者が増えていることも嬉しいことです。今年は2日間合計で約3400名の方がいらっしゃいました。
 舞姫では、6種類の試飲とタイムサービスで「プリンセスタイムスイート&サワー」、有料試飲で「翠露純米大吟醸山田錦磨き39%」を出品致しました。
今回も本当に多くの皆様のご来場ありがとうございました。
何とか、この盛り上がりを諏訪の酒蔵が共通して活かしていければと思います。
秋の呑みあるきは10月6日(土)予定となります。秋もお待ちしております。

春の呑みあるき2018➀ 春の呑みあるき2018②
プロフィール

蔵人

Author:蔵人
諏訪の酒蔵、舞姫の公式ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR